児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

韓国で薄れる儒教精神と男尊女卑 男女平等でも日本を抜く

公開日: 更新日:

 韓国では旧正月の連休が始まった。例年であれば実家で親族に挨拶し、祭祀(チェサ)という伝統的な儀式が行われる。だが、今はコロナ禍。旧正月の連休中も「特別防疫期間」とされ、5人以上の私的な集まりは禁止されている。いくら法事といえども例外ではない。

 儒教社会の韓国では両親や目上の人を敬うのが当たり前で、決して逆らってはいけない。電車やバスでは高齢者が前に立てば席を譲るのは当然のこと。その習慣は日本よりも厳格で、混雑している電車内でも若者が優先席に座る姿は目にしたことがない。もしいたとすれば、韓国人ではなく外国人観光客だ。

 ところが、ここ10年ほどはそういった光景に変化が見られる。スマホの普及で、電車内で座る若者の多くが下を向いているのだ。目の前に高齢者が立っても顔を上げることはない。中には儒教精神を鬱陶しく感じている若者も少なくないという。優先席に座ることはなくとも、それ以外の席ではスマホをのぞき込むことで、目の前に高齢者が立とうと気づかぬふりができるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る