室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

公開日: 更新日:

『高須克弥は「ボクがこんなケチくさい不正をやる訳がない! やるなら皆んなが驚くぐらいのことやります!」と喚いていたのだが…これはもうある種の犯罪予告みたいなもんじゃねぇのか?』(立川雲水・落語家)

 これは2月23日の立川雲水さんのツイッターでの言葉。この後にこうつづく。

『それと脱税って最もケチくさい犯罪だし、税務官に札束ビンタ食らわしてスタッフにしたのもケチくさい了見よ。』

 雲水さん、お見事!

 高須さんに関しては、マスコミが「なんならばCMをいただければ」とか、有名人が「そこに私めが」っつーのがあって、触れてはいけないみたいになっているもんね。高須さんの名を出したことで、連載がダメになった物書きも知っている。

 いや、触れてもいいのよ。ご意見番として、高須様のご意見を拝聴するものであったら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

もっと見る