二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

記者にとって「雑談」は最重要…90年代の珍企画とその顛末

公開日: 更新日:

 コロナ禍の長い自粛生活で気が付いたことがある。人間には「雑談」が必要だ。仕事はリモート。話す相手は家人かせいぜい近所の人。後は電話しかない。女性は友達と電話で1時間ぐらい平気で話すが、男は仕事以外で長々と電話するのは苦手。

 やはり会って話す。こんな単純なことが制限されるからストレスがたまる。みんなおしゃべりに飢えている。我慢できずに男は飲み屋で談議。女性は井戸端会議。マスクも忘れて会話が弾む。飛沫が飛び感染が広がる。

 そんなことを実感する自粛期間だ。改めて雑談の大切さを知る。男の居酒屋談議は仕事の愚痴から下ネタまで幅広いが、メディアでは大切な要素である。

■意外と難しい「1日3人と会って話をするように」の教え

 文春では「1日3人と会って話をするように」と教えられた。芸能記者だから相手は芸能関係者である必要もない。仕事・男女・年齢問わない。これが毎日会うとなると意外と難しい。怠ることもよくあったが、雑談から得るものはあった。「女優の○○がうちの近くに住んでいる」「六本木の知り合いの店に歌手の〇〇が来ている」といった話から企画につながるアイデアまであった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る