テレ東名物プロデューサー独立が象徴 明日なきテレビ業界

公開日: 更新日:

 テレビ東京の名物プロデューサー佐久間宣行氏(45)の独立劇は、今のTV業界を象徴する出来事と言える。テレビマンが花形だった時代はもはや遠い過去の話で、できるヤツは沈没船から逃げ出すネズミのように独立、そうじゃないヤツはリストラという流れだ。

 若者のTV離れとネットの台頭で青息吐息のところ、コロナ禍でパラダイムシフトが加速しているテレビ業界。このところタレントの独立が相次いでいるが、民放の社員といえども、うかうかしてはいられない。そのため民放では報道部にいながら別の名前でユーチューバーをやっていたり、副業に手を出しつつ、独立の道を模索するという社員が少なくないのだ。

 佐久間氏は土曜深夜のバラエティー「ゴッドタン」(1時45分~)など、あまたの人気番組を手掛ける企画力のほか、ニッポン放送「オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティーとしても活躍、そのトークはタレントに負けず劣らずで、東京国際フォーラムでの単独イベントも組まれるほどの人気ぶり。3月いっぱいでテレ東を退社後も、フリーの立場で同局の仕事も続け、4月スタートの連ドラ「生きるとか死ぬとか父親とか」のプロデュースを務めることがすでに発表されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る