二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

個性溢れるタレント文化人 成否のカギを握るのは視聴者だ

公開日: 更新日:

 一億総タレント時代といわれて久しい。ちまたで話題の人をメディアが取り上げて人気タレントになっていくのは昔も今も変わらない。

 80年代に「美白の女王」と呼ばれた美容研究家・鈴木その子さん(故人)は強く印象に残っているひとり。白すぎる顔は仮面をかぶっているようだった。

 平凡な主婦だったが息子を拒食症で亡くしたことがきっかけで「やせたい人は食べなさい」を出版。ミリオンセラーとなった。講演会からも引っ張りだこの人気にテレビが飛びついた。白塗りの顔を際立てるようにスポットライトを強く当てる演出も拒否することはない。顔のアップをグラビアで掲載したこともあったが、書店で女子高生が立ち見して、はしゃぐ珍光景も生まれた。

 特異なキャラでも際立ち、タモリの「笑っていいとも!」がレギュラーで起用。タモリらタレントのツッコミにもユーモアも交えて返す言葉力と照れたしぐさに沸いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る