60回目のひな祭りはコロナ自粛でお客様もなく…

公開日: 更新日:

 今年も無事早々におひなさまを片付けた。60回目。1回も欠かさず、10回目ぐらいからは毎回自分で飾り片付けている。飾らなければ泣きびなになり幸せな結婚が出来ない、3月3日が過ぎたら早く片付けないとお嫁さんに行き遅れる、など昔からいろいろないわれがあるが、私が結婚したのは39回目を飾る年の正月だった。

 親は誰しも子育ても初体験の連続の中、子供の幸せを願い、“良い”といわれることはやってみるものだが、立派なセクハラや男女不平等がゴロゴロしている。小さな頃から「女の子らしく」と言われ続け、とても嫌だった。今なら大問題な発言や考え方が家庭内にたくさんあるのだ。もしかすると帰省するたびに親戚や近所の人から「赤ちゃんはまだ?」なんて言われてる人もいるかも。その人が不妊治療中や子宮がんだったら言われるたびに死にたくなるだろう。「知らなかったから」じゃ済まされない。一生嫌いだ。身に覚えのある人は気がついたらしらばっくれないで今からでもいいから謝った方がいい。お互い気持ちがスッとするだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    吉田羊が主演ドラマをハシゴ 密会報道から5年目の完全復活

もっと見る