R-1優勝ゆりやんの強み 天性の発想力、やり切る意地と度胸

公開日: 更新日:

 “ひとり芸日本一”を決める「R-1グランプリ2021」(関西テレビ・フジテレビ系)が7日に生放送され、ゆりやんレトリィバァ(30)がエントリー数2746人の頂点に立った。

 決勝戦ファーストステージは、10人の芸人によって争われ、1位ZAZY(32)、2位ゆりやん、3位かが屋賀屋(28)が通過。上位3組で行われたファイナルステージでは、ZAZY 656点、ゆりやん 663点、賀屋 650点を獲得し、ゆりやんが僅差で優勝をものにした。優勝が決まった瞬間、ゆりやんは手を顔で覆って号泣。その後、お約束のヘン顔をしてみせたが、その目は涙でぐしゃぐしゃだった。

 優勝後の会見でゆりやんは、デビュー以来、一番の目標だったR-1で、15年、16年、17年、18年と4度も決勝に進出しながら優勝できなかったことについて「R-1に優勝しないと人生が終わるくらいに追い込まれていた。19年と20年に出場しなかったことは、賞レースじゃないお笑いを目指そうと思ったが、今回、出場権が“芸歴10年以内”となったので、私には目標があったんだと思ってあわてて出場した。私にとっては、小学生の時から見てきた大会なので、優勝できて本当にうれしい」と喜びを語った。お笑い評論家のラリー遠田氏はこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る