森下千里に衆院選出馬報道 復興「強い思い入れ」の唐突感

公開日: 更新日:

 自民党宮城県連が、空席となっている宮城県第5選挙区支部の支部長に、元タレントの森下千里氏(39)を充てる方針を固めたことが8日、読売新聞(電子版)の報道で明らかになった。

 森下氏は同日ツイッターで、フォロワーの書き込みに対し、<一部報道がありますが、私からお話しできることはまだありません。何卒、宜しくお願い申し上げます!>と返信。14日にも会見を開く方向で調整しているといい、場合によっては、宮城5区で出馬を予定している立憲民主党安住淳・国会対策委員長とぶつかる可能性がある。

■日刊ゲンダイの2度の取材では一言も触れず

 愛知県名古屋市出身の森下氏が、選挙区となる宮城県石巻市や同・東松島市に縁があるという話は初耳だが、本人が東日本大震災からの復興に強い思い入れを持っていることから、今回の出馬情報が浮上したという。森下氏が17年7月27日付の日刊ゲンダイ「あの人は今こうしている」に登場した時は、15年の所属事務所を退所直後は<恵比寿まで朝まで飲んでいました(笑い)。この時期が人生で一番酒量が多かったと重います>と、飲んだくれていたことを明かし、あとはピラティスのスタジオをつくって会社経営をしたり、毎日のようにトレーニングをして過ごしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  7. 7

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る