米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

公開日: 更新日:

 お笑いタレントの渡辺直美(33)が1日、自身のインスタで、4月から活動拠点を米国に移すことを明らかにした。渡辺のファンは彼女の挑戦を総じて好意的に捉えているが、一部の芸能関係者から「テレビに出るといってもどうせ色もの扱いだろう」「ビヨンセのネタがいつまで持つのか」といった冷めた声も聞こえてくる。

 ただ、結論から言えば渡辺は米国において成功を収める公算が大きい。根拠のひとつは、渡辺がマネジメント契約を結んだ「ICMパートナーズ」が、米国で“4大エージェント”と称される老舗大手エージェントであることだ。映画やテレビのブッキング力に定評があり、“ゴリ押し”も利くと米エンタメ界で一目置かれている。渡辺が尊敬してやまない歌手のビヨンセ(39)のほか、ジョディ・フォスター(58)、ハル・ベリー(54)、サミュエル・L・ジャクソン(72)といったアカデミー賞の常連俳優たちが契約している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る