児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

「表現の自由」が通用しない時代 大作ドラマ2回で打ち切り

公開日: 更新日:

 テレビ朝日系の番組「報道ステーション」のウェブCMが「ジェンダー平等」と言いながら“女性蔑視”と批判され、公開から2日で削除された。今週は木村拓哉工藤静香の愛娘でモデルのKoki,が出演した高級ブランド「ヴァレンティノ」のウェブCMも削除されている。Koki,が着物の帯をハイヒールで踏むという演出に「日本文化の冒涜」と批判が殺到したからだ。

「報ステ」のウェブCMが公開された日、お隣の韓国ではファンタジー時代劇「朝鮮退魔師」の放送がスタートした。この“朝鮮王朝版エクソシスト”は制作費が日本円で30億円を超える大作。ところが歴史歪曲論争が勃発し、わずか2話で打ち切りという前代未聞の事態となった。

 去年のコロナ禍、日本では「愛の不時着」が注目されたが、韓国では時代劇も人気が高い。問題となった「朝鮮退魔師」はフィクションだが、朝鮮王朝時代に実在した第3代王・太宗が登場する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る