特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

公開日: 更新日:

 青柳に振り回されているようでサポートしている矢沢、若手らしい突っ走りでフレッシュな風を吹き込む新藤と、個性的なメンバーたちを温かい笑顔でまとめる主任の浅輪の姿に、「(渡瀬恒彦さんが主演した)前作の『警視庁捜査一課9係』の時は一番の若手だった浅輪さんの成長ぶりに目を細めてしまいます」と茂木氏は言う。

■ファンが待ちわびる捜査一課長のギャグパート

 一方、内藤剛志(65)演じる叩き上げの大岩純一・捜査一課長が仲間たちと東京で起こる事件を解決していく「警視庁・捜査一課長」。ファンが楽しみにしているのが「全員が大真面目に演じるギャグパート」だ。

「たとえば、体力を酷使する厳しい捜査ほど燃えるドM管理官が『板木望子(痛気持ちいい)』などと、名前からしてギャグ要素が入っています。毎回お約束の笹川刑事部長(本田博太郎)タイムも、突然登場していいことを言ったかと思えば、モジモジしだして慌てて公園のトイレに駆け込むという、今回も相変わらずの飛ばしっぷりでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  3. 3

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  6. 6

    解散・総選挙で自民50議席減 単独過半数割れの衝撃データ

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    眞子さま大学選びは失敗か 学習院なら小室さんは接近ムリ

  9. 9

    大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に

  10. 10

    広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由

もっと見る