平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

清志郎さんは「ロフトはロックの聖地ですから」と笑った

公開日: 更新日:

 世田谷の自宅に新型コロナのワクチン接種券が届いた。1回目分と2回目分がある。2回目がまだの医療従事者も多いと聞く。「まずは医療従事者の方々に安心して働いてもらうべき」としみじみ思う。「人と人との接触が封じ込まれた現実」を考える。後期高齢者となって「死」が「決定的な別れ」であることを痛切に実感する。老いては「人の役に立ちたい」と切に思う。ロフトの常連だったRCサクセションの忌野清志郎さんは2009年5月2日、58歳の若さでこの世を去った。その半年前、清志郎さんに久しぶりに出会った。

「良い音を出す」のに客の呼べないRCに業を煮やし、わたしゃ「ロフトのステージにはもう出せない」と清志郎さんに最後通牒を突き付けた。

 その翌月からRCは渋谷のライブハウス「屋根裏」に拠点を移し、80年1月にリリースした「雨あがりの夜空に」の大ヒットで一気にスターダムにのし上がっていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る