井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

変な国!政府は野垂れ死ぬヤツは仕方ないと思っているのか

公開日: 更新日:

 ただひたすら、我々は感染が収まるまで、声も荒らげず下を向いて待たされているだけだ。何のために? 東京五輪のためにだろう。

 そして、政府も東京都も、コロナが収まるまで「不要不急」でお願いしますと、そればかり言って口先で謝っているだけだ。給付金を配りますとは絶対に言わない。東京都もどっさり貯金があるんじゃないのか?

 酒場で酒が出ないのならと、都内の若者たちはあちこちの駅前広場で世間などお構いなしに、酒を持ち寄って「駅飲み」をしていた。自棄飲みの顔だった。都の呼びかけで駅前のネオンが消されても、暗がりだろうがどこだろうが宴会だ。「自棄飲み」に罰金を科せられたわけじゃないから、まあ飲んでやれ、だ。これで感染が収まるならオメデタイ話だ。

 とにかく、ひたすら、政府は東京五輪を開きたいだけだ。だから、大臣どもも「すみませんが自粛を」と謝ってばかりいる。「開きたいのですが、皆さんにお金は配れません」と会見のたびに謝っている。「すみません」はコロナ対策ではない。ただの前置きの挨拶だ。五輪を止めるのが対策じゃないのか。国民の大方が、もうどうでもいいわと思っているのにだ。変な国だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる