主演作「ファーザー」アンソニー・ホプキンスの怪優際立つ

公開日: 更新日:

「お父さん、お父さん!」

 ヘッドホンで音楽を聴いていると、ひとり暮らしの部屋へ怒った顔の娘アンが入ってくる。

「何の用だ」

「何だと思う?」

 アンソニー・ホプキンス(83)が第93回アカデミー賞で史上最高齢の主演男優賞に輝いた映画「ファーザー」の冒頭。介護士アンジェラから電話があり、「くそアマ」などと暴言を吐かれた揚げ句、身体的な脅しを受けたと涙ながらの訴えがあったと娘は追及する。

「あの女は狂ってる。辞めさせて当然、ましてや盗っ人だ。罠を仕掛けて置いた私の腕時計がなくなっているぞ」

「どこに置いたの」

「さぁ」

 語気を荒らげて、反論するが、肝心なところで忘れたり、分からなくなる。ホプキンスが演じる自分と同じ名前で同じ誕生日の父親は軽くない認知症で、認知症であるということも認知していない。原作は世界30カ国以上、日本では橋爪功主演で上演された舞台だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る