三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

シドロモドロ菅首相よ、カメラ目線で国民に訴えてみては?

公開日: 更新日:

「ぼったくり男爵」なる我らが日刊ゲンダイが付けそうなニックネームをワシントン・ポストに命名されたバッハ会長。IOCが違約金をどれだけ請求してくるのか知りませんが一説には保険が利くとか安全な開催ができないならノーペナルティーという話も出てきてます。開催したところで無観客なら大した儲けにもならず、むしろ観戦者はいないけど感染者は増えましたなんてことにも。スポンサーへの違約金というならこの状況でがめついこと言うスポンサーの名前を発表して日本国民で不買運動するって言えばいいのに。

 今巷では「小池百合子がオリンピック中止と言いだす」という噂がまことしやかに囁かれてます。私は大いにあると思ってます。空気を読むことにかけては誰よりも長けているあの方ですから。最高のタイミングで発表して決断力のある政治家と世間にイメージ付ける格好の見せ場となることでしょう。今までの7つのゼロとうたった公約がほとんど達成されなくても、本当にカイロ大学を出ているのか疑わしくても都民なんてチョロいもんよ。これで今度の都議選は都民ファーストがもう一回ぶっちぎりで勝ってみせるわよ! そしたら自民党だって人気者の私のことを放っておかないはず。程のいいところで国政に乗り換えていよいよ初の女性総理大臣よ! って感じでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る