一生懸命が“一所懸命”に…少し楽になる感じがしましてネ

公開日: 更新日:

 マネージャーの、只今健さん入られました! 夢中でドアをノックしましたよ。先ずは担当プロデューサーが、そして健サンが「おうサブちゃんか、入れ入れ」変らぬ優しいトーンで、「大変、御無沙汰致しました!」「サブちゃん、諦めなかったなあ、良いよ良いよ、サブちゃん、潮が満ちて来たなあ」

 カー!! 目の前が霞んできて、例によってボーッとなり、テメーの楽屋に戻ったら、何んの事情も知らぬマネージャーまでが、涙を拭いている。コノ健サンに云われた、潮が満ちて来たなあと云う言葉、いまだに重く、心にあるのですよ。全く情け無い思いで、いい歳こいたアタシですが、一体いつになれば、潮が満ちるのか、正に暗澹たる思いですよ。まあ無論の事、人生は続いて行くのですからねー。

 ま今はコノ健サンの仰られた、潮が満ちて来たなあの言葉を己なりに噛み締めながら、ポツポツ歩いている状態ではあります。全くもって頼りない! 健サンに頂戴したペンダントに、冷に耐え、苦に耐え、煩に耐え、閑に耐え、激せず、騒がず、競わず、従わず、もって大事をなすべし、と刻印が打ってあって、日々の戒めにしてんですが、よく忘れるんですよ。どうにもこうにも、アタクシという奴は! なんでこうも俗物なんだろうと、奥歯噛み締めますよ。シカシ人生は続いていくのですなあ。気張っていかなきゃ! ですから、コノ文も一所懸命に綴っているのですヨ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  9. 9

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る