ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

結成18年目「熱海五郎一座」開幕 笑いの接種会場へどうぞ

公開日: 更新日:

 今回はエンタメ系の話題を2つ。ひとつは私と「星屑の町」で共演してくれたのんちゃんが、日本映画批評家大賞で主演女優賞を受賞したことだ。まあ「星屑の町」でではなくて「私をくいとめて」が対象なんですが(笑い)。もちろん見ましたけど、受賞も納得のいい映画でした。

 辞めた大手プロダクションからの圧力でテレビに出ることが難しい中、徐々に活動の場を広げ、日本アカデミー賞などには呼ばれなくても、こうやって賞に輝くというのはじつにおめでたい。きっとそのうち、ごく普通に、マスコミも彼女を取り上げざるを得なくなるような時代がやってくるだろうし、逆に言えばテレビに出ずとも舞台と映画だけで十分に大スターでいられるわけだから、今のままでもかえってよいのかもしれない。

 頑張れのんちゃん!

 そして、もうひとつ。緊急事態宣言が延長される中、ついに新橋演舞場で2年越しの我らが「熱海五郎一座」が開幕した。

「東京喜劇の灯を消すな」と若手(といっても40代だったが)の喜劇人が立ち上がり、三宅裕司、小倉久寛、渡辺正行、春風亭昇太、東貴博、深沢邦之、そして私ラサール石井で結成してはや18年目、今や前期高齢者に差しかかったメンバーではあるが、毎年6万人を動員する人気劇団になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟