細田昌志
著者のコラム一覧
細田昌志ノンフィクション作家

1971年岡山市生まれ。鳥取市育ち。CS放送「サムライTV」キャスターから放送作家としてラジオ、テレビの制作に携わり、ノンフィクション作家に。著書に「坂本龍馬はいなかった」(彩図社)、「ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか? 」(イースト新書)、「沢村忠に真空を飛ばせた男―昭和のプロモーター・野口修 評伝―」(新潮社)がある。メールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」に執筆中。

新参の山口洋子は旧態依然とした夜の銀座の革命児だった

公開日: 更新日:

■ホステスは教養より若さと美貌

 そんな銀座の常識にNOを突き付けたのが、新参の山口洋子だった。「姫」を銀座6丁目の電通通り沿いに移転した頃、洋子は次のように決断する。

「ホステスは少々ばかでも、若くて美しい子ばかりを集めよう」

 他店が妙齢のインテリホステスを揃える中、「姫」だけは真逆の方針を採ったのだ。理由はいくつかあった。手だれのホステスが新参の「姫」には集まらなかったこと。どのみち、店を移転したばかりで、他店から引き抜くだけの高給が用意できなかったこと。仮に引き抜いたとしても、20代前半の洋子にとって、年上のホステスは扱いづらかったこと。

 しかし、最も重要なのはここである。

「若くて美しい女なら、インテリだろうと、エスタブリッシュメントだろうと、男の方が女に話を合わせてくる」という経験則に基づいた信念が洋子にあったことである。読みは的中する。「姫」には30代の若い顧客が集まった。これまで他店に行っては、古株の客はもちろん、ママやホステスにまで気兼ねしていた若い世代である。事実、文壇も若い潮流が台頭していた。吉行淳之介、野坂昭如、石原慎太郎、五木寛之。彼らは「姫」にこぞって現れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  6. 6

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  7. 7

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

もっと見る