フリーアナ大坪千夏さん語る フジ時代の“酒の失敗”の数々

公開日: 更新日:

大坪千夏さん(フリーアナウンサー/54歳)

 女子アナブームにキュートな笑顔で人気だった元フジテレビの大坪千夏さん。酒好きでフジ時代の失敗談から、今でも会えば飲む女子アナ仲間とのこと、移り住んだ数カ国でのお酒との付き合い方を語ってくれた。

 ◇  ◇  ◇

 お酒は好きですね。上京後、大学に入って飲み始めましたが、当時から甘いお酒は苦手で、「バーボンのロックをダブルで」と女子力低い注文をしていました。しかも強かった父の血を受け継いで全然酔わない。バブル期の派手なコンパにも縁遠く、少人数で粛々とバーボンを飲むという感じでしたね。

 フジテレビに入社してからはとにかく不規則で新人時代はほとんど飲まなかったです。ロケ戻りや収録終わりでアナウンス室に戻ると、先輩から社に電話が入り「○○にいるからちょっと顔出しなよ」と言われることはたまにありました。指定された店に行くと、バラエティー番組の大御所のスタッフがいて、ダメ出しされながら飲むパターン(笑い)。

■同期の松井みどりは「フライトレコーダー」

 一番強かったのは、同期の松井みどりでしょうか。どんなに飲んでも最後まで乱れずしっかり。飲み会の終盤、私の記憶が曖昧でも翌日「あの時こう言ってたよ」「支払いは○○さんで1人いくら」と全部言える。頼もしくもあり、聞くのが恐ろしくもあり、先輩たちからもフライトレコーダーと呼ばれ、一目置かれる存在でしたね(笑い)。

 楽しい酒も過ぎると失敗がありました。ある朝、二日酔いで目覚めるとひどく気分が悪い。起きると机の上にあんまん、肉まん、カレーまんの裏紙が並んでいて仰天。買って食べた昨夜の記憶がまったくない! 家からコンビニまでは、深夜にトラックがびゅんびゅん飛ばしている国道の第二京浜を渡らなくちゃいけないんです。記憶がないのにフラフラ渡って買いに出た事実がショックで、「こんなことしてたらいつか命を落とす」と寒けがしました。

■治療中の前歯の仮歯紛失騒動

 ある夜は機嫌良く飲んで帰宅し、ハッと気づくと前歯がない。治療中の仮歯ですけど、酔った頭で考えてもどこで抜けたかわからず、部屋を捜してもない。「歯抜けでテレビに映るのか!」と焦り、怒鳴られるのを覚悟でアナウンス室に電話すると、上司の牧原(俊幸)さんが「代理を探すから」という温かいお言葉。私は急いで歯医者へ行きましたが、深酒で財布ではなく、前歯をなくすとは(笑い)。

数カ国に移住、スコットランドのモルトは格別

 お酒の本当のおいしさを知ったのは30歳くらいの頃でしょうか。先輩の益田由美さんがプロデューサーを兼務していたアウトドア番組に出演した時期です。全国を回り、「地元の料理とお酒の組み合わせはなんとおいしいのか!」と開眼しました。一番印象に残っているのは新潟県魚沼市で炊きたてのコシヒカリと地酒の八海山。塩むすびだけなのに、同じ土地の水で造られた日本酒とのマリアージュが素晴らしくて。あまりのおいしさにロケ中に、3人で一升瓶あけました。

 フジを退社してから数カ国に移り住み、国によって飲むお酒が替わりました。

 スイスにいた頃はワイン、ブラジルではサトウキビでできたカシャーサという蒸留酒。イギリスではスコッチウイスキー。

 イギリスを離れる直前にスコットランドを1週間かけて、車で回りました。それまでスコッチはマッカランのようにエレガントな味のものしか飲めなかったんですが、蒸留所を回ると地元の水を少し垂らして飲むモルトウイスキーがあまりに格別で! ボウモア、アードベッグやタリスカーと香りの強いものが好きになりました。「もっと早くスコットランドに行けばよかった」と後悔したくらい。

 今暮らしているマレーシアはイスラム教徒の国なので、飲酒があまり歓迎されていませんね。ロックダウンに入ると食品工場は稼働しても、ビール工場は閉鎖の声が上がります。酒は必需品ではないということ。

 とはいえ移住したい国ナンバーワンのマレーシアだけあって日本人も多く、日本酒は売られていますし、和食店も近くにあってコロナ禍前は飲むのに困りませんでした。

 自粛中はもっぱら家飲みで週末にはたまに「立ち呑み千夏」を開店しています。単に私がツマミを並べ、カウンターキッチンを挟んで主人と向かい合って立ち飲みするだけですが。主人は飲み代を払わない代わりに洗い物をしてくれます(笑い)。

 今は行き来が難しいですが、帰国すればフジのOGや後輩と飲む機会が多いですね。阿部知代さんが以前住んでいたところがご近所で、懐かしい場所でよく飲みます。中井美穂さんとは飲んでると後から古田さんも合流してくれたり。いつもごちそうになっています(笑い)。

 実は飲み屋で気になるお隣さんに話しかけるのが好きなんですよね。フジ時代にカウンターで隣同士になった女性とは20年来の友だちになっています。ウチ飲みもリモート飲みもしていますけど、やっぱり人と出会える酒場が早く元に戻るといいですね。ああ本当に早く日本に帰りたいです。

(聞き手=松野大介)

▽おおつぼ・ちなつ 1966年6月生まれ、福岡県出身。90年にフジテレビ入社。2005年、結婚を機に退社。現在はマレーシア在住。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る