カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

公開日: 更新日:

「加藤アナはこれまでEXILEのNAOTOやダルビッシュ有らとの交際を取り沙汰されるとファンから心無い言葉を浴びせられるなど、肩身の狭い思いをしたこともあったそうです。その反動もあってか、最近の女子アナはフジにとどまらず、食事会も仲間内に限定して局近くのホテルで集まっていると聞いていました。スキャンダルやバッシングの予防にはなるのかもしれませんが、恋人も結婚相手も仲間内のさして広くないネットワーク内で回っているという展開が露呈してしまったようにも見えますね」

 女子アナの世界には「30歳定年説」というものが根強くあり、どんなに人気で高視聴率を稼いでも、何年かすると次の新人が売り出され、会社にとどまるとどまらないに限らず、第一線から退くのがテレビ界の常。不安定な女子アナが、目の前に現れたヤリ手青年実業家に飛びつくのもムリはない話か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  10. 10

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

もっと見る