平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

わざわざ挨拶に…ARBのメンバーはとっても律儀だった

公開日: 更新日:

 これまで時系列にLOFTを振り返ってきたわけではないが……。1969年を「日本オリジナルのロックの夜明け」とするのならば、10年後の1979年は「パンク・ニューウエーブが芽吹いた」と言っていいんじゃないかな。この時代の話をしてみようか――。この年の8月28日~9月2日、新宿ロフトで「DRIVE to 80’s」が行われた。仕掛けたのは、カメラマンの地引雄一さん。彼が「日本でも広がりつつあるパンクのバンドをロフトに集めましょう」と企画した。ロンドンやニューヨークでパンクのムーブメントが起こっていたことは知っていたが、日本のパンク野郎ときたら「アンプなど機材を壊す」「客とケンカする」「クスリをやっている」「女性客を無理やり……」といったネガティブな話ばかりが聞こえてきたものである。

  ◇  ◇  ◇

 東京のロック系ライブハウスの多くは、パンク系バンドの悪い噂に尻込みしてしまい、ほとんど無視も同然だった。正直に言うと「あまり気が進まないな」と思ったのも事実。でも、地引さんの人となりを信用していたし、8月から9月にかけて(帰省などで)東京に若者がいなくなり、どのライブハウスも集客に四苦八苦していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る