平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

ウイルスとAIと共存し、今後も時代とともに生きていきたい

公開日: 更新日:

 ロッカーのPANTAさん(71)をインタビューし、個人的な思いをフェイスブックにアップした。「彼のライブで損をしたことがない。40年前にもファンクラブがいたし、動員力のある<安全パイ>だった。売れないバンドの客が増える、増えないといったスリルがなかった。なのでPANTAさんには思い入れがない」「歌詞は挑発的で政治的。でも激動の時代に彼は新左翼には近づかず、ノンポリ的な立ち位置にいた。基本スタンスは<人間愛>。だから社会の不正が許せない。だから歌う。だから表現する」。こんな自分勝手で失礼な物言いにPANTAさんは「これからも人間愛にのっとり、精進いたします」と紳士的にサラリと受け流してくれる。とにかく! 今のPANTAさんの旺盛な発信力はいい。聴かなきゃ損するよ! PANTAさんの最終回。アレコレ胸中を語ってもらった。

「頭脳警察を結成したのが1969年。この年を<変革の年>と思っていました。1月に東大安田講堂が陥落。8月には愛と平和と音楽の祭典であるウッドストックが行われ、12月にはオルタモントの悲劇(野外コンサートで死者4人)が起こった。でも本当の意味で<変革の年>は1967年だと思います。大規模野外コンサートのモントレー・ポップ・フェスティバルが行われ、米国ではフラワー・オブ・ラブというムーブメントが起こった。世界の反体制運動が下火になろうとしていた1969年は、むしろ<収束の年>としか思えない。そんな年に活動開始した頭脳警察だからこそ、思いっ切り過激に見えたのでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る