三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

学園祭2年連続中止が相次ぐ…コロナが生んだ伝統の断絶

公開日: 更新日:

 コロナ禍のもと迎える2度目の6月。各高校では5月から7月にかけて学園祭を予定しているところが多いようですが2年連続中止というところもかなりあるようです。

 私の母校は進学受験なんかよりもその日を楽しく過ごすのに必死のチャラチャラ刹那主義の学生ばかりでしたから、学園祭にかける熱量はハンパなかったです。クラスごとの前夜祭でのステージ発表や2日間にわたる教室でのお見合い企画やクイズ大会など趣向を凝らしたエンターテインメントを高校生ながらに連日夜遅くまで知恵を絞り取り組んだものです。ところが2年連続中止となると1年生で楽しんで来年は……と意気込んでた生徒はそのまま卒業。来年3年生の生徒は見たことないのでどうやっていいのか全くわからないなんてことが。コロナが生んだ伝統の断絶です。

 断絶といえば飲食店、特に小さい居酒屋やスナックは休業を余儀なくされ、今までは常連客が「俺が行かないとあの店潰れちゃうから」なんて気持ちで行っていた店が、休業中に補償金をもらってると思えば再開後に足が遠のくなんてこともあるでしょう。補償金には容赦なく今後税金がのしかかり、思ったほど実入りが多くなかったお店は常連客を失い、お客も行きつけの店を失うなんていうあって当たり前だった日常が断絶されることが起きるのではないでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  5. 5

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る