二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

熊田曜子、小倉優子、木下優樹菜…グラドル界の“レジェンド”3人が抱える難題

公開日: 更新日:

「グラビアアイドル」が定着したのは1980年代、野田義治氏が立ち上げた「イエローキャブ」の巨乳の子たちだった。

 細川ふみえら人気を博した子たちは水着から洋服に着替えてテレビに進出。おしゃべりとお色気で深夜番組ブームをつくった。水着でホップして、おしゃべりでステップ。ここまでは順調だったが、その先で迷路に入った。タレントを続けるか女優に転身するかモタモタしている間に後発のグラドルが現れる。瞬く間に座を追われていく。グラドルが元のグラビアに戻るのは難しく、一線から退いていった。当時のグラドルで今も一線に残っているのは女優の小池栄子ぐらいだ。

 先人に学ぶのが芸能界。グラドル界にも変化が起きる。新たに出てくるグラドルは特異なキャラを付けた。先駆者が“こりん星から来た”のキャッチフレーズで売り出した小倉優子だった。グラビアから飛び出した「ゆうこりん」は甘い声とぶりっ子でバラエティーの人気者になった。

 グラビア卒業と同時に小倉は結婚するが、次の一手があった。「こりん星は爆破された」と地球人に戻り、小倉は子育てと料理をブログで発信。今度はママタレとしての活路を見いだしたが、思わぬ事態が待ち受けていた。夫の浮気が発覚して離婚。続いて2度目の結婚をするが、現在も、夫が離婚を前提に別居中と苦戦が続いている。

脱出するのは誰なのか

 木下優樹菜も異色のグラドルだった。里田まい・スザンヌと組み「おバカ」キャラでバラエティー番組を席巻。個人でも“元ヤン”を公表。オープンなキャラでコアなファンを獲得した。芸人の藤本敏史と結婚し、2人の子供のママになってもやんちゃキャラは全開。夫婦愛を前面に押し出し2人でCMに出演した。

 ところが、2年前に実姉が勤めていたタピオカ店の経営者に木下が恫喝めいたメッセージを送っていたことが発覚。現役さながらのヤンキーぶりで芸能活動を自粛。そして藤本と離婚し、事務所からも解雇。実質、芸能界を引退していたが、昨年秋、インスタで個人活動を再開していた。

「20万以上のフォロワーがあれば、“私の人気も捨てたものじゃない”とその気にさせてしまうのがネットの怖さ」(芸能関係者)

 タレント復活を目指すも、最近、化粧品会社から損害賠償を求められる民事訴訟を起こされ、再び身辺は騒がしくなった。

 熊田曜子は3児の母にして写真集を出し続けるグラドル界のレジェンド。「アラフォーとは思えないプロポーション。特に均整の取れた体とくびれは圧巻。水着や下着だけで男性を妄想の世界に引き込む魔力がある。グラビアをするために生まれてきたような子」と出版界も絶賛する存在だった。

 グラドルとしてどこまで進化するかの期待もあった中、夫のDVを警察に通報して夫は一時、逮捕された。しかし、夫は反撃。妻の浮気などを週刊誌に告発した。夫婦がお互いの恥部を週刊誌で暴露合戦する始末に。

「週刊誌に好都合なネタでも、熊田と一般人の夫の話では世間の関心は薄い。呆れて見ているだけ」ともいわれるが、どう転んでも熊田に残るのはダメージだけ。3人のグラドル界のレジェンドが抱えるそれぞれの難題。誰が脱出するのかを見届けるのも一興か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  6. 6

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

もっと見る