総資産500億円? 明石家さんま流“終活”の哲学「全部国に寄付しようとしてんねん」

公開日: 更新日:

「金残したところでロクなことにならへんからな。いま持っているお金を全部国に寄付しようとしてんねん」――。

 明石家さんま(66)がこのほどTVでそう語り、話題になっている。「子孫に美田を残さず」との老子の格言と同じ考えだが、それにしては資産がすごすぎるという声もある。

「都内の高級住宅街に推定10億円豪邸の他、ベンツや高級外車を何台も所有し、個人事務所のビル、豪のゴールドコーストに別荘と莫大で、総資産500億円なんて見方もされるほど。30代にして年収1億円超えし、最高年収15億円なんて数字も取り沙汰され、貯金30億円とTVで話題になったこともありました」とスポーツ紙芸能デスクは言う。

 これまでも同様の発言はしてきたが、今回はさらに突っ込んで、さんまはこう続けた。

「終了帳(エンディングノート)とかそういうのを残して、家とかは子供たちにあげてと思ったけど(家が)大きいからな。贈与税が大変になんねん、子供らの。そういうことにもなるし、多額のお金を子供に残して人生甘くなってやな、変な人間になるのも嫌や」

 遺産をめぐるトラブルは芸能人も例外ではなく、その額の大きさから法廷闘争に発展。骨肉の争いなどと報じられることはままあり、近年も、やしきたかじん、宇津井健、高倉健らが死後に相続問題で騒がれたものだ。

「生きてるだけで丸もうけ」

「さんまさんは3歳で母親を亡くし、水産加工業を営んでいた父親が小4のときに再婚、継母の連れ子を弟として仲よくしても、継母からはあまりよくしてもらえなかった過去がある。そういうこともあって、変な言い方だが離婚後も家族ファーストで、大竹しのぶさんの前夫の連れ子である長男と、しのぶさんとの間に誕生した長女IMARU(タレント)を全く同じように接している。今回の発言も、家族思いからきているのは間違いないのでは」と、さんまを知る芸能関係者は言った。

 さんまのモットーは「生きてるだけで丸もうけ」「お金どうこうより、明日どうしようって言ってる人生の方が楽しい」とも言っている。「生きてるだけで――」は92年に離婚後、低迷し、そこで見いだした実感からあふれた言葉だという。

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏は別の見方を示してくれた。

「さんまさんは義理堅い人ですから、おっしゃっていることは分からないではない。ただし、まだ60代。人生100年時代です。まだ30年以上もあるなか、そのお考えは変わるかも知れないし、一念発起して、なにかにお金を使うことだってあるかもしれないじゃないですか。今回の発言は、今そう思っているということ。お子さんたちには、さんまさんのことを頼りにせず、自分たちの力で生き抜いてくれというメッセージがあるように見えます」

 さんま流の「終活」哲学。さて、子供たちはどう受け止めているのだろうか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?