Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

公開日: 更新日:

〈一気に見てしまった〉〈安倍(元首相)は見たのかね〉──。ネットフリックスが全世界に配信中のドラマ「新聞記者」(全6話)が好評だ。モリカケや財務省の公文書改ざん事件をモチーフにした同作の人気急上昇に、安倍夫妻は真っ青に違いない。

「新聞記者」は2020年の第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した同名映画のドラマ版。映画と同じく藤井道人監督がメガホンを取った。米倉涼子が主人公の東都新聞社会部記者を演じるほか、綾野剛横浜流星ら豪華キャストも目白押し。13日の配信開始から早くも、日本国内で視聴された「今日の総合TOP10」において、17日まで堂々1位を獲得する人気ぶりだ。

■台湾、香港でもランクイン

 海外でも上位に食い込み、香港と台湾の「今日の~」で9位にランクイン(17日時点)。英紙ガーディアンはレビューに星5つ中3つを付け、〈日本が国民の無関心によって不正の沼にはまろうとしつつある国だと示している〉と評価した。ちなみに、アマゾンの子会社が運営するレビューサイト「IMDb」では10ポイント中7.1ポイント。昨年、世界で大ヒットを飛ばした韓国発の「イカゲーム」が8ポイントだから、滑り出しは順調のようだ。

 肝心のストーリーは、森友事件をモデルにした国有地払い下げと財務官僚による公文書改ざん事件が中心。各話のエンドクレジットに〈実在のものを描写するものではありません〉と断りがあるが、安倍夫妻が引き金の“悪事”は、ドラマとして残り続けるのだ。

1話目から現実と同じ不祥事のオンパレード

 1話目から森友学園を彷彿とさせる「栄新学園」への国有地払い下げ疑惑を巡り、米倉が国会中継を聞くシーンがあり、作中の首相は声のみでこう語る。

「私や妻が関係していたということになれば、それはもう私は、それは間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということははっきり申し上げておきたい」

 公文書改ざんが始まる直前、安倍元首相がタンカを切った答弁そのままだ。首相夫妻の関与を消す改ざん作業を描いたシーンでは〈総理夫人を現地に案内し、夫人からは「いい土地ですから、前に進めてください」とのお言葉をいただいた〉と書かれた文書も登場。加計学園の獣医学部新設を巡り問題となった「総理のご意向」という文言もセリフに使われている。

 政治家でなければ、映画監督になりたかったという安倍元首相は海外ドラマも好きだという。いかに横暴な政権だったか、自戒を込めて国内の話題作も見たらどうか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗