豊ノ島の断髪式と両国の思い出…井筒親方と部屋の発展を願って乾杯!

公開日: 更新日:

 豊ノ島の断髪式を見に行った。ソプラニスタ・岡本知高の土俵入り……見事な国歌斉唱後、花道で出番を待つ豊ノ島とすれ違いざまにハイタッチしたのが印象的だった。ダウンタウンの浜ちゃんや、ナイツの塙と兄はなわの珍しいはなわ兄弟なども土俵に上がりハサミを入れ、華やかだった。

 が、国技館内は各種お弁当が売り切れるほどの大盛況で、一緒に行ったマネジャーと相談し、列席者も多く式典がまだまだ長いのでちょいと中座して外に昼ご飯を食べに行くことに。あまりにも良い天気だったので、隅田川に架かる両国橋をスタートして大好きな町・両国をついでにブラリ。私は新大橋の小学校卒で小5で板橋区へ引っ越したが卒業までの約1年間越境した。当時はまだ今のように都営線はなく、両国の駅から毎朝15分ぐらい早歩き、時にはダッシュして登校。朝稽古やちゃんこの買い出しなのか浴衣姿の若いお相撲さんもたくさん歩いていて「行ってらっしゃい」とか「気をつけて」とか声を掛けてくれた。誰だったんだろう。増位山さんも「オレも声掛けた」って言ってくれたけど、本当かな? 懐かしい。

 現在はファストフード店やカフェが多いが、駅前は焼き鳥屋さんがずらーっと並んでいて、おいしそうな匂いで下校時はお腹が鳴った。短大生時代からデビューギリギリまで、隣町の緑小学校の生徒たちの水泳コーチとなりまたまた両国駅を使い、まだ飲酒はしなかったがついに子どもの頃の念願だった焼き鳥を食べた。おいしかった。マネジャーとちゃんこを食べてぶらぶらしてたら、おっさんが話し掛けてきたが、当時の教え子だった! うれしいやら年を感じるやら複雑だったが笑った。やっぱり両国が好きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!