てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

無自覚で邪念なく憎めない 狩野英孝は居そうで居ない「愛される天才」

公開日: 更新日:

「おかしいって!」(狩野英孝/テレビ朝日系「証言者バラエティ アンタウォッチマン!」6月13日放送)

 ◇  ◇  ◇

 ウッチャンナンチャン、爆笑問題バナナマンオードリー……と現在活躍する関東芸人の多くを輩出している渋谷のライブハウス「ラ・ママ」で行われている「ラ・ママ新人コント大会」。このライブの名物コーナーが「コーラスライン」である。

 観客10人(5人の時代も)が手を挙げたら、強制終了となるゴングショー。この「最短記録」を持っているのが、実は狩野英孝(40)だ。番組ではその実際の映像を放送。狩野が登場し、一言二言話し始めるとバタバタと手が挙がり始め、わずか22秒で終了した。その時、若き狩野が観客やMCの渡辺正行らに向かって叫んだ一言が今週の言葉だ。

 これを見たアンタッチャブル・山崎は、そのイジられっぷりを「昨日の映像かな? ってくらい変わってない」と言って笑った。

 狩野はデビュー当時、スベりすぎて血尿が出るほどだったそう。しかし「ここでやめたら逃げたみたいになる」と狩野特有のナルシシズムが刺激された。諦めずに続け、ウケ始めたのがナルシシストキャラをつくったときだった。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”