BTS「活動休止」発表でグッズが消えた? 再始動は2030年釜山博覧会か

公開日: 更新日:

 結成9周年のサプライズ動画が世界の街頭ビジョンを席巻したのも束の間、韓国のボーイズグループ、BTS「活動休止」のニュースが世界を駆け巡ったのは14日のこと。一報が流れると、所属事務所HYBEの株価は大暴落。日本ではBTSグッズがフリマサイトで高値で取引される現象も起きた。

SMAPロス、嵐ロスで、BTSロスに備えなきゃとか、突然メンバー7人が揃ったグッズがなくなるんじゃないかとか考えてしまって」(BTSのファン)

 そんな“BTSショック”を受けて、翌15日、所属事務所は、ソロ活動に力を入れていくことは事実だが、グループ活動は休止しないと正式発表。また、2030年に開催される釜山博覧会の広報大使を受諾したことを明かし、21日にパリで行われる誘致活動プレゼンにBTSが登場する可能性も出てきた。

 しかしながら、15日のYouTubeでメンバーから「一緒にいる時間が長すぎた」などネガティブな発言や、涙を見せたことがきっかけで、練習生時代からの共同生活、海外ツアーの過酷なスケジュールなど労働環境についての批判も浮上。労働搾取に嫌気がさしたBTSが、このままK-POP界から消えるのではと不安視する声がくすぶり続けている。日本国内での韓国エンタメプロデュースに携わり、K-POP業界に精通するタレントのローバー美々氏がこう言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記