のんを直撃!「自分は創造する人」と再確認、熱量渦巻く芝居をしたい

公開日: 更新日:

のん(女優・創作あーちすと)

 2019年に初演され、好評を得たオフィス3○○「私の恋人」が、「私の恋人beyond」と題して3年ぶりに再演される。上田岳弘の同名小説を基に渡辺えりが作・演出した音楽劇で、初演と同じく渡辺、小日向文世のんが出演する。のんに再演に懸ける意気込みを聞いた。

 ◇  ◇  ◇

■オフィス3○○公演「私の恋人」に3年ぶりの再挑戦

 ──物語は時空を超えて転生する「私」の10万年にもわたる恋人探しを描いたファンタジーで、3人は時代や性別を超えて30もの役を演じ分けるといいますが、結構ハードでは?

「旧石器時代のクロマニョン人から、第2次世界大戦のナチス政権下のユダヤ人、現代の日本の女子高生などそれぞれ3人で30役を演じます。初演は稽古期間が3週間と慌ただしく、しかも初舞台だったものですから、やりきれるか心配でした。今回、再演でセリフが覚えられるか不安だったのですが、文字よりリズムで覚えていたのか、今回の稽古を進めてみたら、思ったよりも頭に入ってきました」

 ──コロナ禍での舞台への影響は?

「初演は客席の通路を使った演出があったんですが、観客との密を避けてそのシーンはなく、歌も新しい歌が1曲追加されました」

 ──3年ぶりの再演ですが。

「朗読劇の経験はありましたが、前回は初めての本格的な舞台。自分をどう舞台で見せるかが難しかったですね。それまで映像でやっていた表現方法が通用しないんです。小さな動きだと何もやっていないようにお客さんに見えてしまうし。舞台上で大きく動いてもそれが自然に見えるような演技の勉強をさせてもらいました。でも、自分の動きを頭に叩き込んで、段取り的になぞっていた部分があったのが、その後、松尾スズキさん、宮藤官九郎さんの舞台に出させてもらったのを機に、舞台で動くのが少しずつ自由になって……。そのことで演技への没入感が強くなった気がします」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか