音楽4団体「生稲晃子氏&今井絵理子氏」支持表明に大ブーイング! 2000人超が抗議賛同

公開日: 更新日:

 7月10日の投開票日が近づく参院選。自民党公認で東京選挙区から元「おニャン子クラブ」の生稲晃子氏(54)、比例代表で元「SPEED」今井絵理子氏(38)が立候補しているが、音楽業界4団体(日本音楽事業者協会・日本音楽制作者連盟・コンサートプロモーターズ協会・日本音楽出版社協会)が支持を表明し、音楽関係者から反発の声が上がっている。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 6月30日に、永田町の自民党本部に音楽業界4団体の代表が赴き、2人を激励する決起集会を開催。日本音楽事業者協会の瀧藤雅朝会長は「日本のエンターテインメント自体、もっともっと政治の力をお借りしていかなければなりません。お2人は、10代から長きにわたり、活躍されてこられました、私たち現場の声を反映していただいて、太いパイプになっていただければ」などと語った。

 これに対し、すぐさま多数の音楽関係者がSNSなどでこれを疑問視する声を上げ、7月2日には、「#SaveOurSpace」が抗議声明を発表した。

 抗議文では「音楽業界内には様々な政治的信条を持つ人間がおり、個人のレベルで支持する政党を表明することはもちろん自由です。しかし、音楽業界内において大きな影響力を有する4団体が連携して特定の候補者の支持を公に表明するという事態は極めて異例」だとして、「本来は自由投票とすべきであり、そうでないとするならば、合議の上での意見統一のプロセスを経るべきだとわれわれは考えます。今回の支持表明は、そのような透明なプロセスを経た上で行われたのでしょうか」と経緯の説明を求めている。4日の段階で、賛同者はミュージシャンや音楽関係者など、2000人以上に上っているという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍