二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

平手友梨奈や川栄李奈が活躍 「アイドル出身女優」は甲子園球児→プロ野球に似ている

公開日: 更新日:

 夏ドラマの低調ぶりが喧伝されている。録画や見逃し配信で見る人も増え、一概に視聴率だけで人気は語れないが、回を重ねるごとに数字が落ちるドラマも目立つ。要因についてはさまざまな指摘もあるが、本来の連ドラの形を見失っているように見える。

「少年サンデー」「少年マガジン」に代表される漫画全盛期があった。人気連載漫画は毎週、「つづく」で終わる。読者は次週が待ち遠しくなる。発売日になると本屋に客が殺到。我先にと「つづく」の先を読んだものだ。読み終えた人が中身を言おうものなら「言うな」と慌てて制止した。

 2018年の映画「カメラを止めるな!」も「結末は教えないでください」のキャッチが付いていた。確かに、結末を事前に知ったら面白さは半減する映画だった。多くの人が次に見る人のために言わずにいたこともあって空前のヒットになった。

 本来、連ドラは「次回が楽しみ」と思われるのが理想だが、近年は視聴者が途中参加できるように1話完結形式が増えている。今期の主要ドラマもしかり。

 杏と坂口健太郎ダブル主演の“月9”「競争の番人」は公正取引委員会の世界を取り上げ関心も高かったが、1話か2話で完結する変則的な連ドラ。期待に応えられず1桁続きだ。TBSの看板、日曜ドラマ枠の「オールドルーキー」も2桁を割る回も出ている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質