著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

本田翼が“CM女王”の座を懸けて主演ドラマに挑戦 TBSの大型プロジェクトとの相乗効果

公開日: 更新日:

 18日スタート予定の本田翼(30)主演の連続ドラマ「君の花になる」(TBS系)に注目が集まっている。本田といえば、これまでの出演ドラマは深夜枠か、ゴールデン帯のドラマに出演するとしても番手扱いだった。

 しかし、今回は主演を務めるだけでなく、出演するのは「逃げるは恥だが役に立つ」「恋はつづくよどこまでも」といったヒット作品を生み出したTBSの看板枠の“火曜ドラマ”。実は本田が女優にとって“勲章”ともいわれるプライム帯でドラマの主演を務めるのはデビュー11年でこれが初めてとなる。

■挫折から引きこもりになった高校教師役

 さらにうならされたのは本田の役どころだ。警察官、放射線科医師、警察犬のハンドラーの役柄に挑戦してきた本田が今回演じるのは、ある出来事で挫折を味わい引きこもりになってしまった高校教師役。ある事情から崖っぷちボーイズグループの住み込み寮母になり、元教え子を含めた彼らの活躍を支えていくうちに自らも教師だった頃の情熱を取り戻していくという役どころだ。年下のメンバーに芽生える気持ちが寮母としての母性なのか、それとも恋愛感情なのか……。本田はそんな微妙な心理を演じていく。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方