“美人化”話題の氷川きよしが芸能界やファッション業界に与えるこれだけのインパクト

公開日: 更新日:

「ドンピシャで好きになった」

 そんなコメントをつけ、氷川きよし(45)はグッチの黒く細身の73万円のワンピースにショートブーツ、黄色いバッグをあわせた近影をSNSで披露。それをスポーツ各紙が即座に伝える。そんな繰り返しが当たり前のように繰り広げられている。ワンピのネタは今月13日から2日間、東京国際フォーラムでのスペシャルコンサートのPRなのだが、ファッションの注目度も抜群だ。

 習志野市で20年続けてきたツアーファイナルの際はロングブーツにスキニーデニムをインした私服で、白いモコモコのジャケットを羽織ってスタイリッシュと報じられた。別の日には、おだんごへアにオーバーオール姿のバックショット。

 美人化で話題の氷川が仕事の合間、さらさらヘアのすっぴん顔で唇に指を添えているとファッションモデルかのような扱いも最近だ。

「そういう時代なのでしょうけど、変われば変わるものです」と、某芸能プロデューサーはこう言うのだ。

「ひと昔前までオネエタレントと呼ばれていたのが、死語のようになくなりましたね。今や世界的にLGBTQ(性的マイノリティー)尊重の時代ですけど、氷川きよしは新しい扉、市場を切り開くと注目の存在で、音楽のみならずファッション業界でも、争奪戦が起こっている。どちらも、もともと、そういう人たちの多い業界ではあります。ただ、これまで、居心地がいいとはいえない日々を送ってきた彼らが積極的にカミングアウトできる環境になってきたように見えます。それもこれも、氷川の存在が大きいのは確かでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき