テレビはなぜ腐ったのか…元テレビ朝日“中の人”がえぐる闇と問題点、そして未来

公開日: 更新日:

外見と肩書で信用してしまう危うさに気づくべき

 現役テレビマンがテレビの闇を鋭く突いた「腐ったテレビに誰がした?『中の人』による検証と考察」(光文社)が話題になっている。著者はテレビ朝日で報道、情報、ワイドショーの制作をしてきた“中の人”で、元同僚たちからは「よく内情を書いてくれた」と連絡が来ているという。「今のままだとテレビ離れはますます進む」と語る鎮目博道氏に、テレビの問題点と未来について聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 ──ワイドショーといえば、コメンテーターとして引っ張りだこだった国際政治学者・三浦瑠麗氏が突如テレビから消えたことは衝撃的でした。太陽光発電事業への出資を名目に、およそ10億円をだまし取ったとして瑠麗氏の夫が逮捕され、瑠麗氏の発言も問題視されています。

「ワイドショーの闇の部分のひとつで、以前から疑問を持っていました。コメンテーターの起用は複数の意味で楽ができるんです。まず、コメントに責任を持たなくていいし、コンプライアンス問題もない。文化人はタレントと違い、謝礼はお車代ぐらいですが、テレビに出ていること自体が宣伝になるので出演してくれる。衣装代もかからないし、大幅にコストカットできるんです」

 ──今回、瑠麗氏は夫の事業について、公の場で推薦していたことも問題になっています。

「個人の宣伝に公共の電波が使われてしまうことにもなりかねないということが露呈した一例であるとともに、外見と肩書で信用してしまう危うさに気づくべきだと思います」

 ──三浦氏が「めざまし8」のコメンテーターを務めていたフジテレビは、三浦氏が同局の番組審議会の委員も務めていたにもかかわらず降板について「制作の都合」というだけで説明を果たさぬままです。

「他人のことは探るのに、自分のあらは報じないというのも不公平ですし、テレビのご都合主義で重大な犯罪を報じないのは異常。ニュースを扱う番組なのに信頼度を失うと思います」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

  1. 6
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  2. 7
    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

  3. 8
    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

  4. 9
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  5. 10
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる