伊藤沙莉“トラコ”の「はて?」早くも流行語大賞候補に? 朝ドラ「虎に翼」脚本家とNHKは相性抜群

公開日: 更新日:

《最後まで絶対見続けようと決めた》《朝ドラの中で一番好きな作品になる予感》――放送スタートからわずか1週間で視聴者の心をがっちりと掴んでしまったようだ。

 4月1日から始まったNHK朝ドラ「虎に翼」の話で、ヒロインはご存じ、伊藤沙莉(29)。日本初の女性弁護士である三淵嘉子さんをモデルに描くオリジナルストーリーで、日本史上初めて法曹の世界に飛び込んだ主人公の猪爪寅子(いのつめ・ともこ)、通称・トラコを伊藤が演じている。

 ある脚本家は「《脚本が抜群に面白い》と、大多数の視聴者が1話目からそう感じ取ったのではないでしょうか。随所に散りばめられたユーモアセンス、誰の心にもすっと入ってくるストーリー展開。伊藤さん演じるトラコの疑問点は、現代を生きる女性にも通じ、何年経っても日本は変わらないなとガク然としますが、そういった問題や疑問点をしっかりと投げかけているのもいい。しかも押しつけがましくなく実にサラッと」と話す。

「虎に翼」の脚本の面白さは、すでにドラマ制作に携わる業界の中でも話題になっているそうだが、その脚本の吉田恵里香氏は36歳。作品数はまだそう多くはないものの、多くの脚本家に「脚本家なら喉から手が出るほど欲しい」と言わしめる「向田邦子賞」をすでに受賞。受賞作品は2021年度にNHKで放送された連ドラ「恋せぬふたり」だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ