石原さとみvs田中みな実…「Destiny」で“女性版キムタク”を脱却するのは?「何をやっても同じ」の不名誉

公開日: 更新日:

 石原さとみ(37)が主演を務めるドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)が9日にスタートした。初回放送では、汚職事件に巻き込まれ自殺したとされる検察官の父を持ち、横浜地検検事になった石原演じる主人公・西村奏の大学時代が中心に描かれた。

 仲の良い男女グループの中で、亀梨和也(38)演じる野木真樹と恋に落ちるが、田中みな実(37)演じるカオリが奏に嫉妬し、奏の父の事件の何かをつかんだことをきっかけに真樹を呼び出し、車での無理心中を図るが、カオリだけが事故死するという衝撃的な展開が第1話では描かれた。

 今年元日に交際が報じられた亀梨と田中の共演の話題もさることながら、主演の石原と物語の要となるカオリを演じる田中は、それぞれ《何をやっても同じ役に見える》という声が多く上がる女優でもある。

 2人が今作でどのような演技を見せるのかにも注目が集まっていた。

■石原さとみの定番「早口低めのつぶやき→高音早口」のセリフ回し

「特に恋愛ドラマのヒロインを演じる際、石原さんは早口の低めの声でつぶやいた後、高音で叫び、早口になるセリフ回しや、大袈裟に見える演技などが特徴的で、視聴者からは《女版キムタク》と揶揄されることも少なくありません。一方、田中さんも大体は綺麗だったり優秀なのに、報われない不幸な女性の役や狂気的な役などが多く、今回も《いつも飛び道具みたいな役。TVerで観たけど田中みな実にしか見えなかった》《同じような役ばかりだね》という声があるように、やはり演じる役から“田中みな実感”が消えていない印象でした」(ドラマ制作関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった