長谷川博己「アンチヒーロー」は「VIVANT」超えの予感…リアタイ視聴者も“考察班”も掴むヒットの仕掛け

公開日: 更新日:

「光と影の使い方も凝っているなと思いましたね」(テレビ誌ライター)という声もある。14日にスタートした長谷川博己(47)主演のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」。長谷川が“殺人犯をも無罪にしてしまう”ダークな弁護士を演じる完全オリジナルストーリーということ以外、ほとんど内容が明かされないまま迎えた初回の世帯視聴率は、11.5%の好発進だった(関東地区=ビデオリサーチ調べ)。

「偶然にも昨年7月期の日曜劇場『VIVANT』の初回と同じ数字です。やはり事前情報がないままスタートし、回を追うごとに“考察”が活発になり、視聴率も上げて大ヒットした。『アンチヒーロー』の初回は『VIVANT』よりも話の内容が掴みやすかったので、リアタイ視聴者を取り込みやすく、最終的には『VIVANT』が届かなかった20%超えもあるかもしれません」(前出のテレビ誌ライター)

 初回放送後、ネット上では《冒頭の長谷川博己の長ゼリフから圧巻だった》《テンポもいいし、続きが気になる理想的な第1話》《キャラクターも話の流れもわかりやすく、それでいて予定調和を感じさせない、司法を扱ったエンタメとして見ごたえあり》《長谷川博己の代表作になる予感》などなど、リアタイ視聴者からの評判も上々だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント