旧ジャニ主演ドラマはカブると「アンチが増える」の指摘…木村拓哉、山下智久とも視聴率ジワり下落の原因

公開日: 更新日:

 終盤に向かう春ドラマ。今のところ世帯視聴率でトップを走っているのは長谷川博己(47)主演のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」で、それに続くのが木村拓哉(51)主演の「Believe―君にかける橋―」(テレビ朝日=木曜夜9時)だ。

「初回の世帯視聴率は『Believe』がわずかですが上回り、キムタクの面目躍如といったところでしたが、コア層(13~49歳)の視聴率では『アンチヒーロー』に大きく水を開けられています。“開局65周年記念ドラマ”と銘打ったテレ朝としては、キムタク+天海祐希竹内涼真など主演級のキャストを揃えただけに、せめて世帯視聴率では2ケタでフィニッシュしたいところでしょう」(広告代理店関係者)

 とはいえ、ネット上では《気楽なポジションの竹内涼真がオイシイ役どころ》《いろいろ無理があって半笑いで見てる》などなど“ビミョー”と評する声が多い。

 “旧ジャニ”のエース木村がビミョーなら、“辞めジャニ”のエース山下智久(39)主演の「ブルーモーメント」(フジテレビ=水曜夜10時)も、世帯視聴率は初回の8%台からじわじわ落としている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質