追悼・佐々木昭一郎さん 是枝裕和、河瀬直美らに大きな影響を与えた唯一無二の映像作家

公開日: 更新日:

 元NHKのディレクターで映像作家・映画監督の佐々木昭一郎氏が14日、肺炎のため、神奈川県大和市内の病院で亡くなった。享年88。葬儀は20日、近親者で執り行われた。

 佐々木さんは1960年にNHKに入局し、ラジオ・テレビドラマの演出を手がけた。ラジオドラマ「都会の二つの顔」(1963年、芸術祭奨励賞)は、文学座研究生時代の女優・宮本信子が偶然知り合った若者と恋人同士として一日を過ごす様子をドキュメントタッチで描いたもので、宮本の相手役は魚河岸で働くズブの素人・横溝誠洸氏。ドラマとドキュメンタリーを合体させたユニークな手法は佐々木氏が嚆矢(こうし)といえる。

 66年、寺山修司と組んだラジオドラマ「コメット・イケヤ」でイタリア賞グランプリを受賞。テレビドラマに転じてからは「マザー」(71年)でモンテカルロ・テレビ祭金賞、「さすらい」(71年)で芸術祭大賞、「紅い花」(76年)で芸術祭大賞、国際エミー賞優秀作品賞、中尾幸世主演の「四季・ユートピアノ」(80年)でイタリア賞グランプリ、「川の流れはバイオリンの音」(81年)で3度目の芸術祭大賞、同じ「川シリーズ」の「春・音の光 川」(84年)で毎日芸術賞と国内外の賞を総ナメにし、「世界の佐々木」「グランプリ男」と呼ばれた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差