著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

テレビはもはやメシハラ媒体だ…まともなのはNHK「サラメシ」とテレ朝「食彩の王国」だけか

公開日: 更新日:

 18日放送のテレビ朝日系「家事ヤロウ!!!」は黒柳徹子(90)をゲストに迎えて「黒柳徹子 人生のベストテンレシピ」を紹介していた。徹子がこれまで出合った忘れられない絶品と、それにまつわるエピソードを語るもので、それ自体興味深いが、驚いたのは90歳にしていまだ衰えぬ食欲。出てきた料理にはがっつき、出てこないと「何も出ないの!?」と残念がる。スタッフが料理を片付けようとすると、下げられる前に食べようと必死なところもチャーミングだ。

 だが、徹子の食欲が旺盛なのは結構として、テレビが相変わらず食べ番組ばっかり。他にやることがないのか。これはもはや「メシハラ」だ。

 今春もタレントが海外で食べまくる「世界頂グルメ」(日本テレビ系)やその町の最高の一品を探す「街グルメをマジ探索!かまいまち」(フジテレビ系)やらが始まった。

 また、15日の「有吉くんの正直さんぽ」(フジ系)では参宮橋を巡ったが、これは有吉がリクエストしたもの。「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレ朝系)で紹介された鰻の店がおいしそうなので「有吉さんぽ」のスタッフに働きかけ、訪問が実現したとか。予約がとれない店をタレントパワーでいい思いをするのを見せられるのは、あまり気分のいいものではない。

 有吉だけではない。多くの食べ番組は新規オープンの店や話題の店、行列のできる店にタレントたちが行って食べて「おいしい~!」で終了。視聴者はそれを見せられているだけ。誰得? という話。テレビ大丈夫か? と本気で心配になる。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差