ヤクザ情婦の濡れ場熱演 有森也実「肌見せ? 問題はありません」

公開日: 更新日:

――とても色っぽく、そして過激で、試写室では男性が目を丸くしていました。

「そうですか? 意識して色っぽくとか、セクシーさを強調しようと思って演じたわけじゃないんですよ。考えていたのは、早苗の天真爛漫(らんまん)なところと、結(前川伶早)を産んで育ててきた母性をどう同居させるか。娘にとって、色っぽかったり、過激だったりしたのが、嫌な母親だったのではないかしら。壁に顔をグイッと押し付けられて、顔が歪むシーンがあるんです。私は変な顔になるから嫌だって言ったんですけど、カメラマンは親指を立て、グーだって。映像で見てみて、ハッとしたのを覚えてます」

――思い入れの強いシーンを挙げるとすれば?

「『白鳥の湖』を踊る場面があるんですが、台本には“踊りを踊る″としか書かれてなかったので、早苗という女がどういう女か、このシーンを見ただけでわかるようにしたいといろいろ考えて、私が提案させてもらったんです。トウシューズという女性特有の履物に、美しさと痛々しさを併せ持つリボンを交差させて踊ったらどうかって……。魔力で白鳥に変えられ、湖のほとりに幽閉された『白鳥の湖』の娘オデットと早苗を重ねることで、物語に深みを与えると思いました。アブノーマルな作品のピュアな部分も感じていただきたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  4. 4

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る