ニカウさん来日で「ブッシュマン」騒動

公開日:  更新日:

■1983年3月

 80年代初頭、南アフリカ映画の「ミラクル・ワールド/ブッシュマン」が大ヒットし、83年3月には主演をつとめたニカウ(当時推定38)が初来日。日本中が何が起きるかと彼の動向にクギ付けになった。

 3月12日、成田空港で記者会見が開かれた。会見の主人公はアフリカ南部のカラハリ砂漠の少数民族サン人のニカウ。集まった大勢の記者の前で彼はにこやかに「大きな土(山)、大きな水(海)、白い地面(雪)を見てみたい」と通訳を介して抱負を語った。

 彼を呼んだのはフジテレビ。同局ではこの年の4月2日にテレビで「ブッシュマン」を放送することになっていた。そのプロモーションを兼ねての招聘(しょうへい)である。

 国外に出るのは初めてで、パスポートを作成するのにも正確な生年月日もわからない。フジテレビには「ブッシュマン事務局」という部署が急きょ新設され、対応に大わらわだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る