日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キス強要の橋本聖子も? 女は50歳で“発情期”を迎える

 橋本聖子(49)の騒ぎが止まらない。ソチ五輪の打ち上げパーティーで、フィギュアスケートの高橋大輔(28)に無理やりキスをしたと週刊誌が報道。橋本は「私の行動は甚だ軽率であったと深く反省しております」とのおわび談話を発表したが、参議院議員の上、JOCの選手強化本部長という要職のため、「パワハラだ」という厳しい声も上がっている。

 今回の騒ぎで考えさせられるのがアラフィフ女の性欲だ。医者によると、女性は35歳ごろから女性ホルモンのエストロゲンが減り、相対的に男性ホルモンのテストステロンの動きが活発化する。そのため性欲が強まるという。テストステロンは性欲と攻撃性を高める働きがある。

 医学博士の左門新氏が解説する。

「一般的に言うと、女性は20代のころより中年のほうが性欲が強くなり、閉経に差し掛かる50歳前後でピークを迎えます。いわゆる“女盛り”です。年を取るとともにセックスの良さが分かることもピークの要因。とくに出産を経験すると子宮の周囲の血管網が増え、大きな快感が得られるようになります。出産しなくても性的な経験を積めば感度が良くなり、セックスが好きになるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事