仏オランド大統領 元パートナーが暴露した“寝室の修羅場”

公開日: 更新日:

「で、どうなの?」

「で、そのとおりさ」

「そのとおりって その女と寝たってこと?」

「そう」と、腕を枕にして半分横になって、彼は白状した。

「どうやって始まったの? なぜ? いつから?」

「1カ月前」と彼は言った。

 私は平静を保っていた。激高したり、怒鳴りもしなかった。ましてや、後で噂がたったように、皿を割って何百万ユーロもの損害を出したなんてことはない。本当のことがだんだん見えてくると、彼は関係はもっと古かったと認めた。1カ月が3カ月になり、6カ月、9カ月になり、とうとう1年になった。

     ☆

 いやはや、ここまで書かれたら形無しだが、興味深いのは、たとえ大統領でも浮気がばれたときの反応は同じだということだ。同書ではオランドが「金持ち嫌い」と言いながら、貧困層を「歯なし」と蔑み、その言葉を面白がっていたことも暴露されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る