ダウンタウン浜田も? 2回目の浮気が許される男の共通点

公開日:  更新日:

 お笑いコンビ「ダウンタウン」浜田雅功(51)の不倫発覚は、先日のフライデーで“公称”2回目だ。1回目は、妻の小川菜摘(51)が妊娠中の時だった。

 億単位のカネを稼ぐ芸人なら妻も見逃してくれるだろうが、一般家庭で2回目はそう簡単に許されない。どう乗り越えればいいのか? 大人の恋愛に詳しい作家の亀山早苗氏いわく、「諦めさせる、笑わせる、今後は絶対にないと信じ込ませる――どれかで攻めるしかない」とのこと。

「『遺伝なんだ。俺は浮気はしたくないが、DNAがそうさせる』と言い張った50代後半の男性がいます。別の男性は、不倫メールという動かぬ証拠を握られているのに、『雪女が見知らぬ誰かに送ったメールだ』と主張し、一切認めなかった。これらは、諦めさせる、笑わせる作戦で成功した例ですね」

 ある男性は、不倫相手の自宅でうっかり寝てしまい、無断外泊。翌朝、「飲みすぎて駅のホームで寝た」というメールを妻に送った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る