ダウンタウン浜田も? 2回目の浮気が許される男の共通点

公開日:  更新日:

 お笑いコンビ「ダウンタウン」浜田雅功(51)の不倫発覚は、先日のフライデーで“公称”2回目だ。1回目は、妻の小川菜摘(51)が妊娠中の時だった。

 億単位のカネを稼ぐ芸人なら妻も見逃してくれるだろうが、一般家庭で2回目はそう簡単に許されない。どう乗り越えればいいのか? 大人の恋愛に詳しい作家の亀山早苗氏いわく、「諦めさせる、笑わせる、今後は絶対にないと信じ込ませる――どれかで攻めるしかない」とのこと。

「『遺伝なんだ。俺は浮気はしたくないが、DNAがそうさせる』と言い張った50代後半の男性がいます。別の男性は、不倫メールという動かぬ証拠を握られているのに、『雪女が見知らぬ誰かに送ったメールだ』と主張し、一切認めなかった。これらは、諦めさせる、笑わせる作戦で成功した例ですね」

 ある男性は、不倫相手の自宅でうっかり寝てしまい、無断外泊。翌朝、「飲みすぎて駅のホームで寝た」というメールを妻に送った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る