日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

20歳で芸能界引退 “伝説”フラワー・メグさんは離婚後に復帰

 その評判を聞きつけた平凡パンチの編集者がまだ若手だった写真家・長友健二に撮影を依頼。メグさんの妖艶なカラーグラビアはたちまち人気沸騰し、深夜番組「23時ショー」の初代カバーガールに抜擢された。

「でも、パンティーにニップレス姿で出演したところ、PTAや婦人団体からテレビ局に抗議の電話が殺到しちゃって。結局、4回くらいで降ろされました。ワタシ、日本のテレビに初めて上半身ハダカで出たオンナ、ってことになってるようです。ニップレスで乳首はちゃんと隠してたのに、ハハハ」

■寺山修司の「人魚姫」に出演

 その後、東映の「不良番長」シリーズなどに出演するも、72年、ATG映画「鉄輪」(新藤兼人監督)を最後にわずか20歳で芸能界を引退した。

「実はスペース・カプセルのオーナーと同棲してて、『鉄輪』の撮影中に妊娠がわかった。今でいう“デキ婚”ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事