麺棒も自分で “バット名職人”久保田五十一さんがそば打ちに

公開日: 更新日:

 山本浩二、落合博満、ランディ・バース、イチロー松井秀喜、小久保裕紀など名だたる超一流スラッガー御用達のバット職人がいた。03年に厚労省「現代の名工」に選ばれ、05年には黄綬褒章を受章した“バット作りの名人”久保田五十一さん(72歳)だ。去年4月10日にミズノテクニクスを退職した名人、今どうしているのか。

「この麺棒、私が削りました。使いやすい、と相棒も気に入ってくれてます」

 タヌキの焼き物で知られる滋賀県信楽町。信楽高原鉄道信楽駅前にある「そば処 山久」で会った久保田さん、こういって麺棒をかざした。

「これ、バットを作る際に出る端材を削った特製なんです。バットは適正な部位が限られ、重量基準もあって、使用木材の全部が全部使えない。その余った材料の有効利用のため、麺棒を思いつきましてね。福井県内のいくつかのそば打ち道場を回って研究し、嘱託社員になった09年から作り始めました。もちろん、市販されてますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る