麺棒も自分で “バット名職人”久保田五十一さんがそば打ちに

公開日:  更新日:

 山本浩二、落合博満、ランディ・バース、イチロー、松井秀喜、小久保裕紀など名だたる超一流スラッガー御用達のバット職人がいた。03年に厚労省「現代の名工」に選ばれ、05年には黄綬褒章を受章した“バット作りの名人”久保田五十一さん(72歳)だ。去年4月10日にミズノテクニクスを退職した名人、今どうしているのか。

「この麺棒、私が削りました。使いやすい、と相棒も気に入ってくれてます」

 タヌキの焼き物で知られる滋賀県信楽町。信楽高原鉄道信楽駅前にある「そば処 山久」で会った久保田さん、こういって麺棒をかざした。

「これ、バットを作る際に出る端材を削った特製なんです。バットは適正な部位が限られ、重量基準もあって、使用木材の全部が全部使えない。その余った材料の有効利用のため、麺棒を思いつきましてね。福井県内のいくつかのそば打ち道場を回って研究し、嘱託社員になった09年から作り始めました。もちろん、市販されてますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る