「日本にも2ndチャンスを」 ダルが清原覚醒剤逮捕で持論

公開日:  更新日:

「良くないことだけど、誰にでも間違いはある」――。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が覚醒剤取締法容疑で逮捕された清原和博容疑者を擁護である。

 18日(日本時間19日)、キャンプ地アリゾナ州サプライズでの練習後に取材に応じたダル。親交があったという清原について聞かれると「ただ叩くだけでは何の解決にもならない」と話した。

 メジャーでは過去に薬物中毒やアルコール依存症に苦しんだ選手、指導者は少なくない。実際、レンジャーズでも同僚のジョシュ・ハミルトン外野手(34)が過去2度のコカイン中毒、アルコール依存症から再起した。ロン・ワシントン前監督(63)は10年にコカイン使用が発覚しながら、その後もチームの指揮を執った。現在はアスレチックスの三塁ベースコーチを務めている。12日にはメッツのヘンリー・メヒア投手(26)が3度目の薬物規定違反で永久追放処分になったが、ドーピングに関しては2度目の発覚までは選手生命を絶たれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る