「日本にも2ndチャンスを」 ダルが清原覚醒剤逮捕で持論

公開日: 更新日:

「良くないことだけど、誰にでも間違いはある」――。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が覚醒剤取締法容疑で逮捕された清原和博容疑者を擁護である。

 18日(日本時間19日)、キャンプ地アリゾナ州サプライズでの練習後に取材に応じたダル。親交があったという清原について聞かれると「ただ叩くだけでは何の解決にもならない」と話した。

 メジャーでは過去に薬物中毒やアルコール依存症に苦しんだ選手、指導者は少なくない。実際、レンジャーズでも同僚のジョシュ・ハミルトン外野手(34)が過去2度のコカイン中毒、アルコール依存症から再起した。ロン・ワシントン前監督(63)は10年にコカイン使用が発覚しながら、その後もチームの指揮を執った。現在はアスレチックスの三塁ベースコーチを務めている。12日にはメッツのヘンリー・メヒア投手(26)が3度目の薬物規定違反で永久追放処分になったが、ドーピングに関しては2度目の発覚までは選手生命を絶たれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る