「日本にも2ndチャンスを」 ダルが清原覚醒剤逮捕で持論

公開日:  更新日:

「良くないことだけど、誰にでも間違いはある」――。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が覚醒剤取締法容疑で逮捕された清原和博容疑者を擁護である。

 18日(日本時間19日)、キャンプ地アリゾナ州サプライズでの練習後に取材に応じたダル。親交があったという清原について聞かれると「ただ叩くだけでは何の解決にもならない」と話した。

 メジャーでは過去に薬物中毒やアルコール依存症に苦しんだ選手、指導者は少なくない。実際、レンジャーズでも同僚のジョシュ・ハミルトン外野手(34)が過去2度のコカイン中毒、アルコール依存症から再起した。ロン・ワシントン前監督(63)は10年にコカイン使用が発覚しながら、その後もチームの指揮を執った。現在はアスレチックスの三塁ベースコーチを務めている。12日にはメッツのヘンリー・メヒア投手(26)が3度目の薬物規定違反で永久追放処分になったが、ドーピングに関しては2度目の発覚までは選手生命を絶たれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る