逮捕された清水良太郎 六本木で自慢していた“キメセク”話

公開日:

 覚醒剤取締法違反で捕まった清水良太郎(29)。発売中の「フライデー」では逮捕のきっかけとなった110番通報をしたデリヘル嬢が、シャブの入ったパイプをライターであぶりながら性行為にふける姿について語っていたが、清水は逮捕前、毎日のように顔を出していた六本木のバーでもあけすけにシャブSEXの快感について語っていたという。

 事情に詳しい関係者がこう言う。

「彼は毎日のように六本木に顔を出していましたが、それはタダで飲める場所があったから。父親のアキラが経営するバーがあって、時間があればそこで遊んでいたからです。良太郎はベロベロに酔うと“キメセク”の話ばかり。『一度やったらやめられないですよ。ホントに最高ですから、やってみて下さいよー。ただし、普通の女の子に使っちゃダメですよ。あとでモメますから。やるなら風俗の子。デリヘル嬢なら訴えてこないから、楽勝ですよ』なんて平気な顔して言うんです。みんなその発言にドン引きしながらも、さすがに冗談だろうと思っていたら、今回の逮捕ですよ」

 美川憲一の言葉で反省して踏みとどまれれば、こんなことにはならなかったのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る